注意点の再確認

まさかそんなところで男としての価値が認められるのか

出会い系サイトを利用していると、男女の出会いというものを求めている人が本当に大勢いるのだなということに気づかされます。
たくさんの人が出会いを求めているということは、出会い系サイトを利用している人の中には当然、本当にいろいろな人がいるということになります。

私も、実際に出会い系サイトを利用していて、そのことをつくづく痛感させられることがあります。
もう随分と長い間中高年向けの出会いアプリを利用し続けていますが、よい出会いもあれば当然悪い出会いもありました。
自分にとっては悪い出会いだと思えるようなものでも、また別の人にとってみればそれがよい出会いになるということもあり得るのです。
人の出会いというのは本当に理不尽で、なかなか一言では言いきれないことも多いです。

今では結局その人と結婚して、それなりに幸せにやっているのですが、私はもともと、結婚前に出会い系サイトを利用していた時、一人のセフレがいたんですよ。
私はもともとセフレというつもりで彼女とお付き合いをしていたのですが、結局はその女性と結婚させていただくことができたのですから、本当に人生というものは何がどうなるかわかりませんね。

私がそのセフレとお付き合いしていた時にしみじみと感じたのは、人間、自分のどういう部分を好きになってもらえるのかわからないということです。
もちろん逆のことも言えるでしょう、自分のどういった部分が相手に嫌な思いをさせてしまうのかというのがわからないのです。
自分の欠点を自覚していて、それをなんとか克服しようと努力ができる、というのであればまだそれほど話は複雑ではないのですが、自分では長所だと考えているような部分を異性から否定されてしまうと、けっこうへこみます。
自分では長所だと思っているだけに、治すのが難しいですしね。

私の場合は、逆のことがありました。
逆のことというのはつまり、自分では欠点だと思い、できることなら早く治したいと思っていた部分について「あなたのそういうところが好きだ」といって認めてくれた女性がいることです。
出会い系サイトを利用している限り、どんな出会いがあるのかというのは誰にも分らないものなのですが、サイトを通じて彼女と知り合えたことは、私にとって本当に幸せなことでした。

具体的に、私は自分の臆病な性格があまり好きではないのです。
臆病な性格といえば、すごく抽象的でひょっとしたら伝わりにくいかもしれません。
臆病な私は、まず血が苦手です。
例えばホラー映画などは、絶対に見られません。
一人で見るのは不可能ですが、じゃあ誰かと一緒に見るのならいいのかと問われると、それもやっぱり嫌です。

血が苦手であることと関係があるのかどうかはわかりませんが、私はとにかく暴力が苦手です。
他人との間で暴力沙汰のトラブルを起こすのが嫌なので(血が嫌いなだけではなく痛いのも嫌なので)極力他人とは関わらないようにしてきました。
そのせいで私は他人とのコミュニケーションをとることがそもそも苦手です。
今時は草食系男子なんていう便利な言葉もありますが、わたしはまさしくそれなのです。

当然、他人とのコミュニケーションが苦手なので、女性とは満足にお話ししたこともありません。
もちろん、男同士でじっくりと熱く語り合ったようなこともあまりないのですが。
男友達も昔は何人かいましたが、社会人になってからはすっかり疎遠な状態です。
これは私だけの問題ではなく、大人になったらみんながそんな感じなのだといわれると、まさにその通りなのかもしれませんが、コミュニケーションが苦手なら一人になるのはある程度仕方のないことだと分かっていても、それでもどうしようもなく寂しくなることがあります。

どうしようもなく寂しいからこそ、思い切って出会い系サイトを利用して見ることにしたのです。
出会い系サイトを利用することに関してはいろいろとリスクがあり、世の中には悪徳な出会い系サイトもたくさんあるのだといううわさも聞いていました。
正直言って、普通に出会い系サイトを利用することだって怖かったのですが、これを怖がっていたら一生何もできないまま、素敵な出会いなんて絶対に経験できないままだろうと考えて、思い切って勇気を振り絞ったんです。

実際に出会い系サイトを利用してみて思うことは、こういうサイトを利用することっていうのは、決して雪を振り絞るというほど大げさなものではなかったことです。
まずサイトをチェックしてみてほっとしました、出会い系サイトを利用していると悪いうわさもたくさん聞きますが、ちょっと簡単なことに気を付けているだけでも、出会い系サイトを利用することに関するリスクはだいぶ小さくなります。

私と同じように、他人とのコミュニケーションが苦手だという人も大勢います。
むしろ、そういう人たちが出会いを求めて利用するのがこういうサイトなのだと考えても間違いではありません。
私が出会い系サイトを通じて知り合ったある女性も、どちらかといえば他人とのコミュニケーションが苦手で、なんとか出会いのチャンスがほしくてサイトにやってきたのだという話をしていました。

私はさっきも書いた通り、自分の臆病な性格が嫌いでした。
血や暴力が嫌いだから、他人とトラブルになることをとことん避けていて、そうすると自然に、他人とのコミュニケーションをとること自体がものすごく苦手になってしまい、当然のことながら女性としゃべるチャンスもほとんどなくて、結果的に、なんとか異性とおしゃべりするチャンスがほしいと思って利用し始めたのが出会い系サイトでした。

私は本来、草食系男子などといわれて馬鹿にされてもおかしくないような男なのです。
それでも「あなたは優しい」といって好意を持ってくださる女性がいました。
自分の短所が、別の人から見れば長所になるということが本当にあるみたいです。
そういうふうに思ってくれる女性と知り合えたことが、私にとって幸せなことだったと思っています。

注意点の再確認

出会いアプリに潜むキャッシュバッカーの恐怖って?

優良な出会い系サイトには悪質なサクラがいないって話、よく聞きますよね。
出会い系サイトを利用するうえで、サクラによる悪質な詐欺というのは本当に驚異です。
もし自分がサクラに遭遇してしまったら、そのままでは出会いのチャンスが得られないどころか、場合によっては時間とお金を大幅に無駄にし、さらに最悪の場合は重要な個人情報まで盗み取られることがあります。
サクラとメールのやり取りをしたって、いいことなんか一つもないわけです。

サクラがたくさん潜んでいるようなサイトは、基本的に悪徳なサイトであるといわれます。
本当に迷惑な会員が、出会いとかは関係なしに、他の会員を困らせるためだけに潜んでいる場合もあります。
でももっと最悪なのは、出会い系サイトの運営者が、自社のサイトの利益を拡大するために(そのままではサイトの人気が高くならないので)わざわざチャットレディーと呼ばれるサクラを雇っている場合もあるのです。
アルバイトで雇われたチャットレディーは、当然のことながら会社の指示通り動きます。
アルバイトのサクラに渡される、男性の会員とコミュニケーションをとるためのマニュアルもあるんですよ。

そんなふうに利用者をだましてでもなんとか出会い系サイトの利益を拡大しよう、というようなことをやっているからこそ、人気をなくすのだと私は思うのですが、とにかく、利用しても素敵な出会いをゲットするチャンスがないとわかっていれば、わざわざ悪徳な出会い系サイトに登録したがる人はいません。

特に男性会員の場合は、出会い系サイトを利用するうえで、ある程度の利用料が必要になるケースがほとんどなのです。
完全無料で運営されている出会い系サイト、というものが存在するという人もいますが、完全無料という言葉で利用者を誘うサイトこそ、ほとんどが悪徳なサイトですからね。
無料という言葉に騙されてはダメなんです。
男性の会員が無料で利用出来るサイトはないのだというふうに思ってください。
そもそも、男性からだけ出会い系サイトの利用料をとっているのは、会員となる男性がある程度の経済力を持っているのかどうか、ということを見極める目的もあるといわれています。
経済力のある男性は女性からも信用されます。
だからこそ、女性の多くはわざわざ無料の出会い系サイトなど使わず、男性が有料で登録している出会い系サイトに集まってくるんです。
(そうはいっても、たいていの優良サイトで、女性の会員ならお金を払わずにサイトのサービスを利用できるわけなんですけど)よい出会いを実現するためだと思って、多少のことは我慢してきちんとした優良な出会い系サイトに登録したほうが、結局は自分のためになります。

出会い系サイトに登録する前に、たいていの人はサイト選びに必死になります。
出会い系サイトは種類が多いですが、優良な出会い系サイトだといわれているのはごく一部で、最初にサイトの選び方を間違えると、せっかく出会い系サイトを利用して(しかもお金を払っていても)素敵な出会いをゲットするチャンスが得られないということになってしまいます。
それではあまりにももったいないので。

最近では、出会い系サイトに関する情報がたくさん得られるようになりました。
それだけ、出会い系サイトを利用して男女の出会いを求める人の数が増えたということでしょう。
サイトの利用者が増えれば、当然のことながらサイトに関する情報もたくさん集まるようになります。
優良な出会い系サイト、というキーワードをグーグルに入れるだけで、現在の日本で特に評判の良いサイトがいくつか出てきます。
出会い系サイトに関する情報をたくさん集めたポータルサイトや、あるいは人気の出会い系サイトをランキング形式でまとめたサイトもあります。

どのような情報についても、基本的にまったくあてにならないということは無いのですが、サイトを選ぶ際に一つだけ気を付けたいのは、ランキングサイトや、その他出会い系サイトの情報を集めたポータルサイトなどを参考にするとき、たった一つの情報を検索しただけで、その情報だけをうのみにするのは良くないということです。

実際に、これが一番悲惨な例ですが、悪徳サイトの運営者が、自分のサイトにたくさんの人を集めるため、そのサイトが悪徳なサイトであるにもかかわらず、さもそれが優良なサイトであるかのように見せかけるため、自社のサイトをランキングの上位に表示できるよう、偽のランキングサイトを作ってその情報を流す、ということも考えられるからです。

だから、ある一つのランキングサイトにかかれている情報だけを参考にして、そのサイトで一位を獲得しているサイトを優良な出会い系サイトであると判断するのは危険なのです。
出会い系サイトを選ぶ際は、必ず複数の情報源を参考にして、大体どこのサイトでも上位の評価を得ている出会い系を、優良な出会い系サイトなのだと判断しましょう。

出会い系サイトを利用し始める前から、情報集めが面倒くさいからといって手を抜いてはダメですよ。
いざ悪徳なサイトに騙されてしまったとき、後悔するのは自分自身なので、くれぐれも注意したほうがいいです。

また、きちんとした優良なサイトを選んで登録したからといって、すぐに素敵な出会いゲットできるかどうか限らないのは、男女の出会いというものの難しさだと思います。
優良な出会い系サイトを利用すれば、確かに悪質なサクラはいません。
けれども、どれだけ必死になってアタックしても、一向に思いが伝わらない存在もいます。

ファーストメールを送ってみたところ、割と好意的な返信をもらって、これはちょっといけるかもしれないと期待した男性が、最終的にはものすごくがっかりしてしまうというパターン。
優良な出会い系サイトにはサクラがいないはずなのに、それだけアタックしても一向に出会えない女性会員がいる、彼女たちのことを俗に「キャッシュバッカー」といったりしますね。

キャッシュバッカーについては、すでにご存じの方も多いかもしれませんが、簡単に言うと優良な出会い系サイトに出没するサクラみたいなものですね。
キャッシュバッカーといっても、きちんと出会い系サイトに登録している女性会員であることには違いないのですが、どうしてサクラみたいなものだという言い方をするのかというと、男性会員にとって「どれだけ親密にメールのやり取りをしても、パートナーにはなれない女性」という意味で、キャッシュバッカーとサクラは共通しているからです。

実際、キャッシュバッカーだとは気づかずに、その女性とメル友になってしまったりすると、例えばメールのやり取りなどは、かなり親密に続くんですよ。
でも一向に出会えない(デートなどに誘ってもやんわりと断られるんです)どうしてそんなことになるのかといえば、キャッシュバッカーと呼ばれる女性会員は、初めから男性と出会うことを目的にして出会い系サイトを利用しているわけではないからです。

そもそも、キャッシュバッカーがどうして出会い系サイトに登録し、利用しているのか、その目的は、ズバリ暇つぶしとお小遣い稼ぎです。
出会い系サイトをシリアスな目的で利用すること……つまり恋人探しとかのために利用することについては抵抗があるけれど、それでもやっぱり出会いのチャンスがないと寂しいという気持ちは、もちろん女性にだってあるわけです。

寂しい時は、話し相手が一人いるだけでも随分気分が楽になるものですから、出会い系サイトを利用すると、誰だって簡単にそういうチャンスがゲットできます。
出会い系サイトというものを無料で利用できる女性であればなおさらです。

ただ、出会い系サイトを無料で利用できるというのが、これが結構落とし穴なんですよ。
どうしてキャッシュバッカーという、暇つぶしで出会い系サイトというものを利用する女性会員が現れたのかといえば、やっぱり出会い系サイトが無料で利用できちゃうからなんですよね。

これがもし、出会い系サイトというものが女性にとっても無料では利用できないサイトだったら、きっと女性だって「サイトにお金を払っているんだから、きっちり元を取らないといけない」と考えて、出会い系サイトを真剣に利用するようになるはずです。
そうすると、キャッシュバッカーと呼ばれる会員もいなくなるんでしょうね。

好意的なメールのやり取りをしているはずなのに、一向にデートに誘えない。メル友以上に親密なお付き合いができない。そしてその間も、男性会員は時間とお金をひたすらに無駄遣いさせられている。それがキャッシュバッカーの恐怖です。

参考になる関連記事もどうぞ→【逆援アプリ】

不倫にも使えるテレクラ

人妻が多いテレクラ

意外に驚くかも知れませんが、テレクラを利用する女性の中で多いのが既婚者である人妻です。
結局昼間自由な時間をもっていることで、好きなようにエッチを楽しめるのです。
僕はその人妻の相手をいつもしているのでが、一般の独身女性よりも激しくてやりがいがあるというこは間違いないですよ。
欲求不満なんて、ほんの一握りの人妻だと思っていたのですが実際テレクラを利用している数をみるとかなり不満を抱えている人妻が多いことがわかります。
僕もそんな人妻の相手をし始めてから1年が経ちますが、今でも新しい人妻との出会いがあります。
もちろん同じ人妻との関係を長く続けている場合もありますが、新しい女性は新鮮で興奮します。
特に僕がテクニックをもっているということではないのですが、どんなことをして欲しいのか聞いてその要望にこたえることで彼女たちは喜んでくれます。
その笑顔をみていると、してあげてよかったと思えてくるのです。
どんな人でも体の不満はたまるものですし、パートナーでその不満が解消されなければ他の手段をとることだって仕方がないことだと思います。
ただ僕はそんな彼女たちとエッチなことをするだけで感謝されて、すごくほめてもらえるのです。
セックステクニックなんてなくても、彼女たちを喜ばせることができている今は僕自身も満足のいく時間を過ごせているのだと実感します。
http://xn--eckh6cya2jtbyguf.com/でたまたま人妻と出会って関係をもったことで、今でも楽しい時間を持てていることは幸せなことです。
相手に対しての気持ちはもちろんありますが、深い好きというものではなく友だち感覚のようなものです。
それでもまったく感情がないよりは、いいと思いますよ。
むしろ感情がないまま官能的なセックスはできないのではないかと思います。
初対面の相手でも、「いいな」と感じるから関係を持つわけですからね。
興味のある女性や、いいと感じた女性とのエッチは気持ちがいいものですし自分から何かしてあげたいと思うものです。